「くだもの縁結び」第2号、お待たせしました。

静岡大学と連携して行っている庭の木プロジェクト。
その一環として、今年1月に「くだもの縁結び」という雑誌の出版を開始いたしました。

庭にどんな果物の木が植わっているのか。
その木から採れる果実はどんな味がするのか。
その木と果実にはどんな思い出があるのか。

いくつものお話で明らかになる、そこにある暮らしの数々。

今回の号では、結婚を機にくのわきの暮らしを送り始めた、お嫁さんお二人の話。

地元の話や、くのわきへ来てからの話など、前作とはまた違った形の奥深さを感じます。

1号と並べると可愛らしいですね。

背表紙もかわいい!

お休み処まきやで、5/16(月)から販売予定です。
ぜひお買い求めください。

本に関する連絡先:kudamono.kikigaki@gmail.com (著者)

【収載内容】
 ・お散歩マップ
 ・聞き書き「なんであんな木のこと覚えてるだかねぇ」
 ・聞き書き「わたし果物すきだやぁ」
 ・教えて!果物質問コーナー「くだものには不思議な力がある!?」
 ・お散歩ギャラリー「お茶の味変!?縁カフェでの体験記」

関連記事

  1. 【静岡大学連携】静岡県川根本町久野脇 庭の木プロジェクトについて【概要説明】

  2. 「くだもの縁結び」発売開始!