川根茶は日本三大銘茶で上級煎茶のブランド
栽培に適した土と川霧と昼夜の気温差により葉面に朝露がつき、うまみ成分が増す
丁寧な作業で上級煎茶のブランドの品質を維持している
丁寧な作業で上級煎茶のブランドの品質を維持している
くのわきは山のお茶ですが、地理的条件により葉肉の厚い場所もあり、中蒸し~浅蒸し。"煎がきく"のが特長です。
久野脇の集落内でも茶工場により葉にあわせて蒸しの特長に違いがあり、様々なお茶が味わえます。

川根茶

川根茶って・・・?
くのわきのお茶の特徴は?
川根茶を飲みたい!
川根茶を買いたい!
お茶摘みしてみたい!
茶工場見学したい!
製茶体験してみたい!

川根茶って
日本三大銘茶で上級煎茶のブランド
上級茶ができる川根茶産地の特長は・・・
栽培に適した土と川霧と昼夜の気温差により葉面に朝露がつき、うまみ成分が増す。

くのわき地区の特長は・・・
地形の特長などから、特に秀でた品質の煎茶を作ることができる地区。
川根茶は山のお茶。
里のお茶は平野部、山のお茶は山間部のこと。
日照時間の差により、葉肉の厚みが変わります。

煎茶は収穫後に”蒸す”ことで酸化酵素の働きを止めますが、葉肉の厚さごとに、その蒸し時間が違います。
里のお茶は厚めなので長めに蒸す→深蒸し。
山のお茶は薄めなので短めに蒸す→浅蒸し。
それぞれの産地の特徴にあった蒸し時間でつくられています。

くのわきは山のお茶ですが、地理的条件により葉肉の厚い場所もあり、中蒸し~浅蒸し。”煎がきく”のが特長です。
集落内でも茶工場により葉にあわせて
蒸しの特長に違いがあり、様々なお茶が味わえます。
くのわきの茶味比べも楽しめます。

川根茶を買う

小平史郎 090-7045-3953
 煎茶・ウーロン茶

諸田製茶 0547-56-0484 
公式サイトはこちらから>>
 お茶各種・お茶加工製品各種

金正園 0547-56-0170
紹介サイトはこちらから>>
 煎茶(通販中心)
さかもと農園 090-5860-1032
 煎茶

NKくのわき茶農業協同組合 (小売部・松下直通)  0547-56-0872
 煎茶
    
諸田 均 0547-56-0481
 煎茶(通販のみ)

体験する

小平史郎 090-7045-3953
 釜炒りウーロン茶体験

諸田製茶 0547-56-0484 
公式サイトはこちらから>>
 各種お茶飲み比べ、茶摘み・茶工場見学・仕上げ体験、お茶加工製品製造体験など

NKくのわき茶農業協同組合 0547-56-0489 
 茶工場見学

関連記事

  1. ぬた平

  2. 鵜山の七曲り

  3. 干し芋

  4. 久野脇小学校

  5. 川根茶バウムクーヘン

  6. 山菜ご飯

  7. お休み処まきや

  8. 民泊まきや

  9. 縁結びの村くのわき 旬の田舎体験