昔、たいだらぼっちという大男がいた。東の方から歩いてきて久野脇まで来ると、大井川をまたいで、手で水をすくって飲んだという。
たもとから落ちたといわれる大きな石
足の形をした大きなくぼみがある。(薬師堂の直下あたりになる)

だいだらぼっちのたもと石と足跡

昔、たいだらぼっちという大男がいた。東の方から歩いてきて久野脇まで来ると、大井川をまたいで、手で水をすくって飲んだという。

その時たもとから落ちたといわれる大きな石が杉沢の近くにでんと座っている。そして、そのそばにはだいだらぼっちの足跡といわれる、足の形をした大きなくぼみがある。(薬師堂の直下あたりになる)ちなみに、対岸の神の瀬の方にも足跡のようなくぼみがあるといわれている。

関連記事

  1. 山菜ご飯

  2. 恋がねの鐘

  3. 縁結びの村くのわき くのわき未来の会

  4. 神の瀬(かんのせ)

  5. くのわき大根そば

  6. アマゴの塩焼き

  7. 民泊まきや

  8. くのわき親水公園キャンプ場

  9. 佐澤薬師堂